簡単なイラストで見る  
 
ウサギびな
粘土・・・古信楽細目土
釉薬・・・トルコ青釉桜花釉
樹脂製印花(202他)
下絵の具各色
青呉須びな
粘土・・・上貫入土
釉薬・・・透明釉
呉須樹脂製印花(239他)
下絵の具各色


★用意するもの
白土、釉薬、大き目の抜き型※
延べ棒カッター撥水剤印花

あると便利なもの
5mm厚のタタラ板2枚ポンス下絵の具
小皿乳鉢と乳棒呉須を使う場合)

※粘土用型抜きより大きめにくり抜くため。
今回はお菓子の型を使用して着物の裾をつくりました。直径約10cm。

★粘土の左右にタタラ板を置き、上から延べ棒を転がして厚みを整えます。
タタラ板がなくても、均一であれば大丈夫です。
★真ん中をポンスなどで抜いておくと、後で頭部分をくっつけやすいです。
カッターで切り取る範囲はお好みの大きさで試してみてください。
★どの位重ねるかで高さや雰囲気が変わってきます。
★余った粘土で頭部や、扇、笏などのパーツをつくっておきます。
接着面は木ぐしやブラシで傷をつけます。
★頭と胴体に傷をつけてドベ(同じ土を泥状にしたもの)でくっつけます。
ひび割れた部分は、ドベや水をつけた指を使って押えます。
成形後は、全体の乾きが均一になるようにビニール袋に包み、1〜2日置いて
おきます。その後、空気孔をあけて徐々に乾燥させ、素焼きします。
乾燥後は
素焼き→ヤスリがけ→下絵つけ(なくてもよい)→釉がけ→本焼きの手順です。

 




SSLとは?