制作工程

1.粘土を準備する 2.成形する 3.作品を乾燥させる
4.素焼し作品を焼き絞める 5.釉薬以外の化粧を施す 6.釉薬を掛ける
7.作品を本焼きする 8.焼成後の作品のメンテナンス  
9.陶芸焼窯のメンテナンス    


2-1.成形する

(1)手びねりで成形する
手びねりで成形する方法としては、タタラづくり、紐づくり、玉づくり、くり抜きと色々な方法がありますが、目的とする作品により手法を選びます。
●手でタタラを作る ●手ろくろを使う
 
 
タタラ(板状粘土)を作り、縁を加工して皿状の作品を作るのはもちろん、丸めて筒状の成形をしたり、貼り合わせて箱型の作品を作ったり多用途に使います。   玉づくりやくり抜きで成形するにも、作品の向きを変えるには手ろくろを使うと作業がしやすくなります。
この工程で使用する商品
タタラ板・たたき板
切り針金
 
この工程で使用する商品
手動ろくろ
陶芸制作台
●機械でタタラを作る
大量にタタラ(板状粘土)を作るには、タタラ機を使うと非常に楽です。
  ●ひもを作る
紐を作り、その紐を上にぐるぐる積み重ねて成形してゆく方法は、大物の成形に向いています。
均一な太さの紐を大量に作るには、紐作り機を使うと便利です。
手で作る場合はソフターを粘土に少量添加すると、細い紐でも切れずにきれいに仕上がります。
この工程で使用する商品
手動タタラ機
電動タタラ機
 
 
この工程で使用する商品
ひも作り機
クレイガン


(2)電動ろくろで成形する
陶芸といえばろくろ成形をしているところをイメージする方が多いように、ろくろは焼き物づくりには欠かせません。
なかには伝統的な蹴ろくろを使う作家もいらっしゃいますが、なんといっても電動ろくろは操作が楽ですし、大物を作ったり、たくさんの作品をつくるには最適なため、現在の陶芸では主流となっています。
●電動ろくろを使う
電動ろくろも性能によって多数のバリエーションがありますので、自分の使用頻度と作りたい作品の大きさに応じて、適したモデルを選びます。

基本的には、モーターの馬力とテーブルの大きさ、クラッチをフリーにして手ろくろとして使えるかなどが選択のポイントです。
この工程で使用する商品
卓上 電動ろくろ
電動ろくろ(大型)
 
この工程で使用する商品
カメ板


SSLとは?