制作工程

1.粘土を準備する 2.成形する 3.作品を乾燥させる
4.素焼し作品を焼き絞める 5.釉薬以外の化粧を施す 6.釉薬を掛ける
7.作品を本焼きする 8.焼成後の作品のメンテナンス  
9.陶芸焼窯のメンテナンス    


2-2.成形する

(3-1)小道具を使い成形する
手びねりでもろくろ成形でも作品の種類や工程に応じ、成形小道具と呼ばれる様々な用具を使います。
 
この工程で使用する商品
  成形用具セット
 

●へらを使い成形する
手びねりの際に、作品の輪郭を削って整えたり、指先ではやりにくい細部を修正したり、表面を滑らかにするためにはへらを使います。
この工程で使用する商品
  彫塑ベラ
  特殊木ベラ
 

●こてを使い成形する
主にろくろ成形で鉢・皿・椀などの内側部分を成形したり、表面を滑らかにするためにはこてを使います。
こては手びねりの場合にも、内側部分の成形や表面を滑らかにする用途で使えます。
この工程で使用する商品
  成形・仕上木ごて
  内ごて・柄ごて・特殊ごて
 

●牛ベラを使い成形する
ろくろ成形で大皿や深い作品を作るときには、牛ベラと呼ばれるこてを使用します。
牛ベラは九州地方でよく使われているこてで、牛の舌の形をしていることから牛ベラという名称がついています。
伝統的な牛ベラを使ってみたいとお考えの方は、是非とも有田木ごてをお試し下さい。
この工程で使用する商品
  牛ベラ
 

●かきベラを使い成形する
主に手びねりで粘土をかき出したり、高台や表面を削ったりするのにはかきベラやカンナを使いますが、かきベラにはループの部分に刃の付いたタイプと、ただのウィヤーのものとがあります。
ろくろ成形でも高台を削るのにはかきベラやカンナが使われます。
この工程で使用する商品
  かきベラ
  カンナ
 

●柄ごてを使い成形する
ろくろ成形で袋物(首が細く手が内側に入らない)を挽くときには柄ごてを使用します。
柄ごては慣れないと感覚がつかみづらく、使いこなすには時間がかかります。
この工程で使用する商品
  内ごて・柄ごて

SSLとは?