制作工程

1.粘土を準備する 2.成形する 3.作品を乾燥させる
4.素焼し作品を焼き絞める 5.釉薬以外の化粧を施す 6.釉薬を掛ける
7.作品を本焼きする 8.焼成後の作品のメンテナンス  
9.陶芸焼窯のメンテナンス    


2-3.成形する
(3-2)小道具を使い成形する
●カンナを使い成形する
手づくりでもろくろ成形でも、高台を成形する場合はカンナを使うのが一般的です。
カンナは手づくりで、肉厚の表面を削るのにも使用します。
この工程で使用する商品
 カンナ
 グラインダー
 
●細かい部分の細工をする
作品の口縁を切り揃えたり、接着面に接着を良くするための細かい傷をつけたり、穴を開けたり、タタラをカットしたり、模様を彫るなど多用途に使える道具としてハリやカッターを使用します。
この工程で使用する商品
カッター・線描ベラ
 
●木ぐしを使い装飾模様を入れる
手びねり・ろくろとも、表面に平行線の模様を描くのには木ぐしを使用します。 化粧泥をかける際の、櫛目模様を入れるのにも使います。
この工程で使用する商品
木ぐし・ブラシ
 
●切り弓を使い口縁部を削る
手びねり・ろくろとも、椀や壷などの口縁を切り揃えるのに切り弓を使います。
切り弓は面取りをするときにも使います。
商 品 名
切り弓
 
●なめし皮で口縁部を絞める
手づくり・ろくろとも表面を滑らかに整えたり、口縁を絞めるためにはなめし皮を使用します。
この工程で使用する商品
鹿皮

SSLとは?