制作工程

1.粘土を準備する 2.成形する 3.作品を乾燥させる
4.素焼し作品を焼き絞める 5.釉薬以外の化粧を施す 6.釉薬を掛ける
7.作品を本焼きする 8.焼成後の作品のメンテナンス  
9.陶芸焼窯のメンテナンス    


2-4.成形する
(3-3)小道具を使い成形する
●トンボを使い口径・深さを測る
作品の口径や深さを測るにはトンボを使います。
揃い物の作品を作る時には、トンボを当て目的のサイズに仕上がっているかを調べます。
この工程で使用する商品
 トンボ
 
●木製パス(外パス)でサイズを測る
作品の外径を測るには、木製パス(外パス)を使用します。
この工程で使用する商品
木製パス(外パス)
 
●トースカンで高さを測ったり、線を入れる
作品の高さを測ったり、けがき線を入れたり、中心を出すのにトースカンを使います。
トースカンは曲尺スタンドと組み合わせて使うと便利です。
この工程で使用する商品
トースカン
 
●印花を使い装飾を施す
主に象嵌(ぞうがん)という装飾技法をおこなう時は、模様を彫ってもよいのですが、印花を使うと便利です。
成形した素地が半乾きのうちに、印花で刻印をし、素地とは異なる化粧泥を埋め込んで模様を描く三島手という技法が有名です。
この工程で使用する商品
樹脂製印花
印花セット
ロール印花
 
●ポンスや型抜きをで装飾を施す
作品に装飾として丸い穴や形のある穴を開けるのには、ポンス・型抜きといった道具を使います。
茶漉しポンスは、急須の茶漉し部分の穴を開けるのに使われます。
この工程で使用する商品
ポンス
型抜き
 
●切り糸を使い作品を切り離す
ろくろ成形で作品を切り離す際に、切り糸を使います。
粘土やタタラを切る際にも、切り糸や切り針金を用います。
この工程で使用する商品
切り糸
(4)石膏型を使い成形する
同じ形状の作品を多数作りたいときは、石膏型を使って手押し又は鋳込みで作品を成形します。
●手押し用石膏型を使い成形する
まず作品を作り、そこから石膏型を自作してもよいのですが、市販の石膏型を使うと非常に楽ができます。
 
この工程で使用する商品
手押し用石膏型
 
●鋳込み用石膏型を使い成形する
市販の石膏型を使うという意味では手押しと同じですが、手押しよりは立体的で、美しい形状の作品が得られます。
 
この工程で使用する商品
鋳込み用石膏型
鋳込み用粘土
鋳込み用小道具

SSLとは?