制作工程

1.粘土を準備する 2.成形する 3.作品を乾燥させる
4.素焼し作品を焼き絞める 5.釉薬以外の化粧を施す 6.釉薬を掛ける
7.作品を本焼きする 8.焼成後の作品のメンテナンス  
9.陶芸焼窯のメンテナンス    


8.焼成後の作品をメンテナンスする
(1)高台を擦り整える
窯出ししたばかりの作品は高台がざらついており、そのままではテーブルや盆に傷をつけますので、砥石で磨きますがこれを底擦りといいます。
高台に釉薬が流れてしまっていると砥石では落ちませんので、グラインダーで削り落とします。
この工程で使用する商品
 砥石
 グラインダ
(2)水漏れ防止・補修をおこなう
花瓶や食器などで中に水を入れるものは、水止めにシリコーン系やセラミック系の水漏れ防止剤を施します。
焼成段階で割れてしまった作品も、最近は接着剤で補修することができます。
 
この工程で使用する商品
 水漏れ防止・接着剤

SSLとは?