制作工程

1.粘土を準備する 2.成形する 3.作品を乾燥させる
4.素焼し作品を焼き絞める 5.釉薬以外の化粧を施す 6.釉薬を掛ける
7.作品を本焼きする 8.焼成後の作品のメンテナンス  
9.陶芸焼窯のメンテナンス    


9.陶芸窯をメンテナンスする

(1)温度計・熱電対を整備する
熱電対の微弱な電気信号を温度計が表示していますので、補償導線の端子部分の汚れ・錆により正確な温度表示がされなくなることがあります。時々、目の細かいヤスリ等で磨いて下さい。
熱電対の保護管を割ってしまった場合、中の白金線が断線していなければ、保護管のみ交換できます。
この工程で使用する商品
温度計・熱電対


(2)炉壁を補修する
陶芸窯も古くなってくると、炉壁が割れたり隙間ができてきたりしますので、耐火セメントや補修剤を使ってメンテナンスします。
この工程で使用する商品
耐火セメント・補修剤
   


(3)棚板を補修する
釉薬が流れ、棚板にくっついてしまった場合、グラインダやたがねなどで固まりをはがし、アルミナを塗布して補修します
この工程で使用する商品
グラインダ・たがね アルミナ

SSLとは?