陶芸知恵袋
ワンチャン棒をつくろう!
指導●高木 信之 アール陶房(東京都府中市)

ひもづくりや玉づくりで成形するときに問題になるのが、内側の底やその角の締めと仕上です。外から指で受けることができないので、腰や口よりも難しい作業です。
軽くなでただけで滑らかに仕上ると、ひび割れの原因になります。それを防ぐために、滑らかにしながら底やその角を適度に締める必要もあり、その力加減がもっとも難しいところです。陶芸を始めて最初に突き当たる壁のひとつといえるでしょう。

陶芸初心者に、底やその角を締めたり、滑らかに仕上るとき試してもらいたいのが、犬用の骨型ガムの形をした「ワンチャン棒」です。
これ1本で、凹凸を修正しながら、粘土を締めることが思いのほか簡単に行うことができるようになります。

   
◎ワンチャン棒の写真
長さは19p(写真上)と20cm(写真下)。先端が球状と半球状になっています。
 
全景
球状の先端写真
半球状の先端写真
 
◎ワンチャン棒の使い方
1.陶芸を始めたばかりのときは、何度手を加えても見込みのひも痕や指痕が消えません。切れが入らないように強めに押しているせいか、ますます凸凹になってしまいます。
2.ワンチャン棒の球状の先端で押さえれば、粘土を締めながら平らにすることができます。
3.さらに半球状の先端でなで上げることにより、滑らかな見込みに仕上ることができます。
     前へ戻る   次へ進む