化粧泥装飾技法

粉引きtop 刷毛目top 搔き落としtop 飛びカンナtop

象嵌top イッチンtop スリップウェアtop マスキングtop

画像クリックで詳細へジャンプします。

粉引き線



粉引きtitile
粉引きL 粉引きs
・液体状の化粧泥に器全体を浸す技法です。
・カンナやかきベラで削って鎬(しのぎ)を施すと味のある濃淡がでます。
・鉄分の多い粘土に白い化粧泥を施すと茶色い斑点が浮き出てきます。

粉引き手順
1…晴れた日に外で行う。
(外でなくても大丈夫ですが、湿度が高いと失敗しやすいです。)
2…削った作品を乾燥させすぎない。
3…化粧泥の濃度を適切にする。 
※弊社製品の場合購入していただいた時の濃度が適切になっています。
素焼きした陶板に浸して、爪でひっかいてみると掛けたときの厚みが解りやすいのでお好みで調整して下さい。
4…化粧泥が入った容器に作品を浸す
(厚く掛かけすぎると、化粧が剥げてしまったり、割れの原因になりますのでご注意ください。)
5…掛けたらすぐドライヤーなどで乾燥させる。

粉引き道具

化粧泥

上薬容器

アルミ細工カンナ
6本セット


かきベラ
粉引きend

刷毛目線



刷毛目titile

刷毛目L 刷毛s
・刷毛やほうき刷毛を使用して化粧泥を塗り、刷毛目模様を出す技法です。
・写真の作品では搔き落としも併用しています。
・作品を化粧泥に浸すのが危険な形状の作品にもおすすめな技法です。
・刷毛の種類・化粧土の濃度・力加減で多彩な装飾が可能です。

刷毛目違い
刷毛目1
*毛刷毛による刷毛目
刷毛目2
*ほうき刷毛による刷毛目
使用する刷毛によって印象が大きく変わります。
竹刷毛や平刷毛等の毛刷毛では均一できれいな刷毛目を残すことができます。
穂先の粗いほうき刷毛では刷毛目が強調された仕上がりになります。
表面を刷毛で隙間なく塗りつぶす無地刷毛目には、穂先の揃った毛刷毛が適しています。
用途や印象に合った道具をお選び下さい。

刷毛目残し
刷毛目3
*打ち刷毛目
ろくろでゆっくりと作品を回しながら
刷毛を垂直に近い角度で置いていくことで
刷毛目の連続模様になります。

刷毛目4
*自由な刷毛目
ロクロで回しながら装飾するだけでなく、
自由な線で刷毛塗りしても味のある
装飾になります。

刷毛目道具

化粧泥

竹刷毛・平刷毛・平筆

ほうき刷毛


手動ろくろ

刷毛目end

かき落とし線



搔き落としtitile

搔き落としL 搔き落としs
・ 化粧泥の一部をヘラ等で削って模様を出す技法です。
・素地と化粧泥の色の差で図柄を浮き上がらせます。

搔き落とし1 搔き落とし2
こちらも搔き落としの一種です。
化粧泥を何層にも重ね、カンナで削ると層になった化粧泥が模様となって現れます。

搔き落とし3 搔き落とし4
化粧泥を刷毛目で施してから搔き落としで装飾しています。
搔き落としは他の技法と併せて使われることが多い技法です。

搔き落とし道具

化粧泥

竹刷毛・平刷毛・平筆

アルミ細工カンナ
6本セット
搔き落としend

飛びカンナ線



飛びカンナtitile
飛びカンナL 飛びカンナs
・ 化粧泥の一部をヘラ等で削って連続した削り模様を出す技法です。
・ろくろの回転によるカンナの反発を利用した技法です。
・削り落としの技法の一種で素地と化粧泥の色の差で図柄を浮き上がらせます。

飛びカンナ手順
1…作品に素地と異なる色の化粧泥をかけます。
2…ろくろに作品をセットし、回転させながらカンナを添え、回転による反発を利用して化粧泥を削ります。

*飛びカンナのコツ
・カンナを持つ手に片手を添えたり、肘をお腹に当てたりしながら腕をしっかり固定させます
・カンナの刃先の角度を変えずに削ります
・ろくろの回転を一定にします
・回転が速いと反発も強まり間隔が狭い削りに、遅いと弱まり間隔が狭い削りになります。

飛びカンナ道具

化粧泥

柄杓

竹刷毛・平刷毛・平筆

飛びカンナ 丸型

飛びカンナ 平型

飛びカンナ 丸型

電動ろくろ
飛びカンナend

象嵌線"



象嵌titile
象嵌L 象嵌s
・ 生地に凹みを作り、化粧泥で埋める技法です。
・地の粘土と模様の化粧泥に凹凸がないのが特徴です。
・印花(スタンプ)による象嵌を三島手と呼びます。

象嵌手順
1…生乾きの状態の作品にカンナや針等で模様を削ります。(又は印花で凹みを入れます)
2…作品が乾きすぎないうちに素地と異なる色の化粧泥で模様を埋めます。
イッチンや細い筆で模様をなぞる方法もあれば、表面に大胆に化粧泥を掛ける方法もあります。
3…少し乾いたら、ステンレスのこてややすりを使って表面の化粧泥を削ります。
4…1で施した凹みにだけ化粧泥が残り、素地と化粧泥との色の対比で模様が出来ます。

象嵌道具

化粧泥

印花

カッター・線描ベラ


竹刷毛・平刷毛・平筆

イッチン・スポイト

アルミ細工カンナ
6本セット

ステンレスこて

サンドペーパー
・ポリネット

象嵌end

イッチン



イッチンtitile

イッチンL イッチンs
・イッチンを使用し化粧泥で線画的に装飾する技法。
・盛り上がった自由な線の装飾が可能です。
・化粧泥の盛り上がった線が特徴的です。

イッチン1 イッチン2
イッチンを施したあと、輪郭の内部に釉薬をかけています。
イッチンによって、はっきりとした釉薬の掛け分けをすることが可能です。

イッチン道具

化粧泥

イッチン・スポイト

イッチンend

スリップウェア線



スリップウェアtitile

スリップウェアL スリップウェアs
・何色かの化粧泥を組み合わせる技法です。
・化粧泥を流し、回転させたり、ヘラで引っかいたりして装飾模様を出すものもあります。

フェザーコーム
スリップウェア1
スリップウェア2
スリップウェア手順
1…素地に化粧泥を少し溜まり気味に施します。
2…上から別の色の化粧泥をスポイトでストライプ状に装飾します。
3…作品を90℃回転し、藁やヘラ等で化粧泥を撫でるように線を引きます。
(素地を削らないように注意して下さい。また、化粧泥が乾きすぎると硬くなり模様が出にくくなります。)

墨流し
スリップウェア3
化粧泥を溜まり気味にかけてすぐに別の色の化粧泥を垂らし、器を傾けながら模様を作ります。
化粧泥は水分が多い緩めのものを使うとよく流れる模様になります。


スリップウェア道具

化粧泥

柄杓

イッチン・スポイト

カッター・線描ベラ


スリップウェアend

マスキング線



マスキングtitile
マスキングL マスキングs
・作品の一部をマスキングすることで化粧泥の掛け分けをする技法です。
・マスキングの方法はテープ、陶画のり(ラテックス)等があります。

マスキング手順
*テープの場合
1…テープを、化粧泥を抜きたい形に切り抜きます。
2…素地にテープを貼り、化粧泥を筆などで施していきます。
3…化粧泥が程よく乾いたらテープを剥がします。

*陶画のり(ラテックス)の場合
1…化粧泥を抜きたい場所に陶画のりを筆で塗っていきます。
2…陶画のりが乾いたら化粧泥を施します。
3…化粧泥が程よく乾いたら陶画のりを剥がします。
(針やカッターの刃先など、尖ったものを使うと綺麗に剥がせます。)

テープや陶画のりは剥がすことができるので、一度マスキングした場所に違う形のマスキングをして重ねて化粧泥を乗せることや、釉薬を掛けることができます。

マスキング道具

化粧泥

陶画のり
(ラテックス)

竹刷毛・平刷毛・平筆

カッター・線描ベラ


マスキングend

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLサーバー証明書
当サイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。