オリジナル粘土物性表

陶芸.comのオリジナル粘土物性表です。
収縮率は通常出荷時の水分量で測定していますが、±5%程度の範囲で変動がありますのでご了承ください。
名称をクリックすると、商品購入画面へ移行します。

※ベース土・・・土のメッシュ数を表示しています。「すいひ」と「はたき」両方の数字が表示されているものは、それらをブレンドした土です。
※添加物 ・・・ ベースの粘土に大きめの粒が配合されている場合に表示しています。
※すいひ ・・・ 原土を細かく砕き、泥水状にしたものをふるいに通して乾かした土。粒子が均一でキメの細かい粘土。
※はたき ・・・ 原土を細かく砕き、ふるいにかけ、そのまま水を加えて練り上げた粘土。粒子が粗く、素朴な風合いに焼き上がるのが特徴です。

信楽系粘土

信楽特選白土(手びねり用)

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ50
収縮率:
15%
添加物メッシュ:
なし

純粋信楽陶土を使用。こしを高めるために陶石を混入。粘土の粒子の細かさや粘性が手びねりに最適。

信楽特選赤土(手びねり用)

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
なし

信楽産自然赤土に信楽特選白土を混入。手びねり向きだが、ろくろにも適している。白土に比べ耐火性がないので、焼成温度は低めに。

信楽水ひ白土(ろくろ用)

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ60
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
なし

純粋信楽陶土をすいひし、木節系粘土の割合を高め、粘りとのびを良くする。粒子が細かく、適度の粘性を持たせたろくろ用粘土。

古信楽荒目土

推奨温度:
1230〜1280℃
ベース土メッシュ:
はたき40
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
硅砂・長石12

焼き締め焼成に適しており、還元では炎色が出やすい。一般的な古信楽土よりやや荒めで大物向き。

古信楽土

推奨温度:
1230〜1280℃
ベース土メッシュ:
はたき40
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
硅砂・長石14

焼き締め焼成に適しており、還元で炎色が出やすい。一般的な古信楽土です。

古信楽細目土

推奨温度:
1230〜1280℃
ベース土メッシュ:
はたき40
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
なし

古信楽土の中では最も目が細かい。焼き締め向きで、還元で炎色が出やすい。

信楽白荒目土

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき24
収縮率:
10%
添加物メッシュ:
硅砂・長石14

はたき・すいひをブレンド。信楽土としては少し荒めで長石・硅石を多く含んだ土で古信楽土より赤みがあります。大物向き。

信楽白土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき24
収縮率:
11.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石42

はたき・すいひをブレンドした標準的な信楽土。古信楽より赤みがあり、比較的焼きしまり扱いやすい土です。

信楽赤荒目土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ20・はたき16
収縮率:
11.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石8

はたき・すいひをブレンド。信楽土としては荒めで赤が濃い目に出ます。酸化焼成で温度の違いにより、色合いの変化が楽しめます。大物向き。

信楽赤土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき24
収縮率:
12.5%
添加物メッシュ:
なし

はたき・すいひをブレンドした標準的な赤土です。赤土の特長である自然な焼け幅が出ます。焼きあがりの色はやや薄めで比較的焼きしまります。

古信楽特選土(手びねり用)

推奨温度:
1200〜1350℃
ベース土メッシュ:
すいひ50
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
硅砂・長石16

アルミナ系粘土で耐火性があり、穴窯・登窯に特に適している。ベース土は信楽水ひ白土と同じだが、自然混入した硅石・長石が含まれる。

伝統系粘土

京白土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
10.5%
添加物メッシュ:
なし

焼き上がりが酸化・還元ともに白く、きめが細かい。標準的な陶芸粘土のひとつ。

京赤土

推奨温度:
1140〜1220℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
12%
添加物メッシュ:
なし

黄土4:6京白土でブレンドした粘土。還元で赤黒色を呈する。混ぜ合わせのベース粘土としても最適。シャモットなど混入によって高温焼成も可能。

楽陶土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ20
収縮率:
6.4%
添加物メッシュ:
なし

赤楽・黒楽の味わいを引き出すのに最適な粘土。

仁清土

推奨温度:
1160〜1220℃
ベース土メッシュ:
すいひ120
収縮率:
10.2%
添加物メッシュ:
なし

酸化焼成では白く、きめ細かい貫入が入るので絵付けなどに最適。京白土より白く、磁器よりもクリームがかります。

もぐさ土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ30
収縮率:
6.4%
添加物メッシュ:
なし

腰がないので細かな細工には不向きだが、焼きあがりは白く、風合いの高い茶碗等の成形に適している。他の可塑性の高い粘土をあわせると扱いやすくなる。

御本手土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ20
収縮率:
11%
添加物メッシュ:
童仙房0.7o

京赤土をベースに朝鮮カオリン・童仙房をブレンド。焼きあがりは少し荒めで薄い赤色。中性炎で御本が出やすく抹茶茶碗に最適。御本を出すには焼成温度は1200℃位まで。

半磁器土

推奨温度:
1160〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ200
収縮率:
12%
添加物メッシュ:
なし

陶土の扱いやすさと磁器のもつ風合いを兼ね備えた粘土です。細かい細工にも大物作りにも適しています。

磁器土

推奨温度:
1260〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ220
収縮率:
9.7%
添加物メッシュ:
なし

天草陶石を主原料とした磁器土。還元では特選磁器土よりやや青みがかります。

特選磁器土

推奨温度:
1250〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ220
収縮率:
9.8%
添加物メッシュ:
なし

天草陶石の最高峰:皿山陶石を100%用いた高級磁器土。透明感・白さともに他の磁器土を上回る。

鍋白土

推奨温度:
1160〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
11%
添加物メッシュ:
童仙房1o

童仙房を加え耐火度を高めた、昔ながらの鍋用荒目土。

鍋赤土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
9.8%
添加物メッシュ:
童仙房1o

童仙房を加え耐火度を高めた、昔ながらの鍋用荒目土。ほんのりとしたうすめの赤色が特長。

楽焼粘土

推奨温度:
700〜1200℃
ベース土メッシュ:
すいひ50
収縮率:
13%
添加物メッシュ:
ペタライト・シャモット

急熱急冷に耐えるよう、ペタライト・シャモットを適度に混入した粘土。少しざらつきがある。

五斗蒔白土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ30
収縮率:
9.5%
添加物メッシュ:
なし

焼き縮みが少なく、大物に使用できる粘土。昔から茶陶に使われてきた粘土です。

五斗蒔赤荒目土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ25
収縮率:
10%
添加物メッシュ:
硅砂・長石14

焼き縮みが少なく、素朴な仕上がりが特長です。薪窯焼成では備前風に仕上がります。

萩土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき24
収縮率:
13.5%
添加物メッシュ:
なし

昔から茶器として好まれる萩焼の土です。焼きあがりは薄黄土色です。

唐津土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき24
収縮率:
13.5%
添加物メッシュ:
なし

萩焼同様に昔から茶器として好まれる唐津焼の土で、焼き上がりは赤みを帯びた灰色です。

はにわ土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき16
収縮率:
11.5%
添加物メッシュ:
硅砂12

薄赤〜炎色に焼きあがり、素焼きの持ち味を残したまま仕上がる。

本備前土

推奨温度:
1150〜1200℃
ベース土メッシュ:
すいひ60
収縮率:
14.5%
添加物メッシュ:
なし

きめが細かく、備前土の中でも扱いやすい。田土を基本としているので高温焼成にはむかない。

志野土

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ30
収縮率:
7%
添加物メッシュ:
なし

耐火度のあるざっくりとした土で、白めの仕上がりになる。大物にも向いています。

新鍋白土

推奨温度:
1170〜1220℃
ベース土メッシュ:
すいひ200
収縮率:
10.5%
添加物メッシュ:
シャモット24

耐熱・直火OK。シャモット・ペタライトをふんだんに使った鍋土。焼成温度に注意が必要。

上貫入土

推奨温度:
1150〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ200
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
なし

焼き上がりが白く、細かい貫入が入りやすい。小物に適する。

伊賀細目土

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ64
収縮率:
10.5%
添加物メッシュ:
なし

伊賀産粘土を使用。焼き上がりが白く、食器等に向く。

伊賀荒目土

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
はたき24
収縮率:
12.5%
添加物メッシュ:
なし

伊賀産粘土を使用。可塑性が大きく大物に適する。

創作系粘土

緋色荒土

推奨温度:
1220〜1300℃
ベース土メッシュ:
はたき6目(本目)
収縮率:
6.4%
添加物メッシュ:
なし

石はぜの味わいがあり、炎色の付きが鮮やか。

緋色土

推奨温度:
1220〜1300℃
ベース土メッシュ:
はたき40目(本目)
収縮率:
9.3%
添加物メッシュ:
なし

耐火度が高く、炎色が鮮やかに付く。手作り粘土の味わいがある。

黄土

推奨温度:
      
ベース土メッシュ:
すいひ80
収縮率:
  
添加物メッシュ:
なし

種赤・元赤として白土に混ぜ合わせることにより、淡〜濃まで好みの色味を作ることが可能。

黒陶荒土

推奨温度:
1160〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60
収縮率:
8.8%
添加物メッシュ:
シャモット・セルベン

コバルト添加により、酸化・還元どちらでも素地は黒く仕上がります。還元では透明釉は緑色がかる

黒陶土

推奨温度:
1160〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60
収縮率:
11%
添加物メッシュ:
なし

黒陶荒土同様、素地は黒く焼きあがる。黒系の土の中では一番きめが細かい。還元では透明釉部分が緑色がかる。

白荒目土

推奨温度:
1160〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
12%
添加物メッシュ:
童仙房1o

荒系なので大物や陶板などのひずみやキレが少なく抑えられる。柔らかな風合いが特長です。

韓国土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ20
収縮率:
16%
添加物メッシュ:
XX

韓国カオリンをベースに黄土を加え、薄い赤色に焼きあがるのが特長。

淡赤荒土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
10.4%
添加物メッシュ:
童仙房1o

京白土に10%黄土を加え、童仙房を添加。荒系なので大物や陶板などのひずみやキレを少なく抑える。

中赤荒土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
10.8%
添加物メッシュ:
童仙房1o

京白土に30%黄土を加え、童仙房を添加。荒系なので大物や陶板などのひずみやキレを少なく抑える。

濃赤荒土

推奨温度:
1160〜1230℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
11.8%
添加物メッシュ:
童仙房1o

京白土に50%黄土を加え、童仙房を添加。荒系なので大物や陶板などのひずみやキレを少なく抑える。

南蛮土

推奨温度:
1100〜1200℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
12%
添加物メッシュ:
なし

京赤土に30%黄土をブレンド。赤味が濃く、耐火度が低い。還元で焼き締めると、きれいな赤黒色に焼きあがる。

黒泥荒目土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ20・はたき12
収縮率:
9.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石8

荒目の硅砂・長石を添加。焼きあがりは深みのあるやや赤色がかった黒色です。黒系では一番荒い。

黒泥土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ20・はたき24
収縮率:
10.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石42

細かめの硅砂・長石を添加。焼きあがりはやや赤みがかった黒色になる。黒陶荒土と同じくらいの荒さ。

御影白土

推奨温度:
1150〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ200・60
収縮率:
12%
添加物メッシュ:
硅砂・長石・黒雲母24

白素地に硅砂・長石・黒雲母を混入しており、施釉して還元焼成すると御影調にでます。

御影赤土

推奨温度:
1150〜1250℃
ベース土メッシュ:
はたき24
収縮率:
11.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石・黒雲母12

比較的荒目の赤土で還元焼成で窯変しやすく、黒雲母の斑点で御影調になります。

御影茶土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
はたき24
収縮率:
11.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石・黒雲母24

茶素地に黒雲母が混入されており、還元焼成により御影調となります。

白ロット土

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき24
収縮率:
13.0%
添加物メッシュ:
なしXX

白色でやや荒目の焼き上がり。他の土との混ぜ合わせ用ベース土として幅広く利用可能。

白絞荒目土

推奨温度:
1200〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・はたき16
収縮率:
10.5%
添加物メッシュ:
硅砂・長石10

酸化焼成で独特の模様・火色が出る、他に類似のない粘土です。酸化では焼成条件により模様・火色が出ないこともあります。

鵜泥土

推奨温度:
1200〜1280℃
ベース土メッシュ:
すいひ60・すいひ20
収縮率:
12%
添加物メッシュ:
なし

ややきめの細かい粘土で酸化焼成でこげ茶になる。

桜土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ200・60
収縮率:
12.5%
添加物メッシュ:
なし

伊賀黒木節・瀬戸産白蛙目・信楽産特級長石などをベースにしたきめの細かい粘土。焼きあがりは桜の花びらのような薄い桃色。

萌黄土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ200・60
収縮率:
12.5%
添加物メッシュ:
なし

伊賀黒木節・瀬戸産白蛙目・信楽産特級長石などをベースにしたきめの細かい粘土。

グレー御影土

推奨温度:
1180〜1250℃
ベース土メッシュ:
すいひ40
収縮率:
14%
添加物メッシュ:
硅砂・長石・黒雲母14

薄グレーの呈色に、硅長石粒・黒雲母を混入しており、御影調に焼成できます。