茶コシを作る
半円形の部分まで等間隔に穴を開ける。
注ぎ口を作る
注ぎ口はなるべく薄くしておく。
本体を作る
フタの合わせ方によっては蓋受けを付ける。※手順2参照
蓋を作る
蓋には2mm程の蒸気抜きの穴を開ける。

@蓋受けに乗せる
最もシンプルで簡単な方法。
A高台を作って落とし込む
傾けたときにもふたが外れにくいのが特徴。
B本体にかぶせる
一体感のあるフォルムが作れる。洋食器に多い形。

アタリをつけて本体をくり抜き、注ぎ口も角度に合わせてカットする。 茶コシを入れたときに隙間ができないよう、角度をつけてくり抜く。 注ぎ口の高さでお茶の容量が決まる。茶こしは下に付ける。 ツルを通す穴をつける。


蓋と本体が接する部分に撥水剤を塗る。 茶コシの穴がふさがらないよう、水を含ませてから釉掛けをする。 蒸気抜きの穴に入った釉薬を針などで取り除く。 蓋が取れないときは肩を軽く叩いて根気よく衝撃を与えて取る。
土瓶ツル
・土瓶ツル
粘土
・粘土
手ろくろ
・手ろくろ
木ベラ
・彫塑ベラ
オリジナルの土瓶にぴったりなツルがきっと見つかる 直火にかける場合は鍋土を使用します 向きを変えて作業ができるので成形時に便利 蓋受けなど細かい部分の抑えに便利
ポンス
・ポンス
カッター
・カッター
撥水剤
・撥水剤
線描ベラ
・線描ベラ(針)
茶コシや蓋の蒸気穴など土瓶作りの必需品 成形時パーツの切り出しに使用します 釉薬で接着されないよう、高台や蓋に使用します 釉掛け後、蒸気穴の釉を取り除くのに使用します
筆
・筆
釉薬
・釉薬
茶コシの釉掛けの際、水を含ませるのに使用します ツルや土瓶の形状に合った発色の釉薬をお選びください
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLサーバー証明書
当サイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。