初めての方必見!!道具選び

陶芸を始めたいけど、どんな道具が必要かわからない!そんな方に、最低限必要な道具からあると便利な道具までご紹介。
おすすめ商品は陶芸.com陶芸教室で実際に使われている商品です。
自分なりの小道具セットとして参考にして下さい!!

1. 絶対必要なもの

作陶にあたって最低限必要な道具のご紹介です。
これから陶芸を始める方は、まずこれらを揃えましょう。


@手ろくろ

A平線かきベラ 1〜2本

B彫塑ベラ 3種類ほど
作品の向きを変え作業するための必需品です。
よく作る作品の大きさに応じてサイズをお選びください。
成形の際に、粘土をかき出したり、削ったりして使用します。
初めは2本ほど揃えておくことをおすすめします。
細部の加工や粘土同士の接合面の押えなどに使用します。
先が丸いものや細いものなど、3種類ほどあると便利です。
★おすすめ★
(小)径180mm×高47mm
(中)径220mm×高70mm
(大)径300mm×高75mm
★おすすめ★
@平線かきベラ No.13
A平線かきベラ No.9
★おすすめ★
@彫塑ベラ No.4
A彫塑ベラ No.19
B彫塑ベラ No.37

C針(線描ベラ No.3)

D切り針金

E切り弓
タタラをカットしたり、轆轤で引いた作品の口を切ったりなど万能です。 粘土を切ったり、タタラを作る時に使用します。 口縁をまっすぐに切り、高さを揃えたいときに使用します。

F粘土板

Gゴムベラソフト(小)

Hスポンジ
粘土を練ったり、作成した作品を乗せて乾燥させるのに使用します。 主に手びねりで、表面をなめらかにする時に使用します。 成形作品の地肌を滑らかに整えたり、削りかすを取り払うのに使用します。

I鹿皮

Jボウル
成形時の仕上げの際に、口縁や表面をなめらかに仕上げるために使用します。 鹿皮やスポンジを湿らせるため、水を張ったボウルを用意しておきます。

2. 基本のセット

最低限の道具で物足りない方や、陶芸を始めるにあたってある程度の道具を揃えたい方は、『1.絶対必要なもの』に加えてこちらの道具があるといいでしょう。

1.絶対必要なもの

@平線かきベラ 2〜3本

A丸線かきベラ

Bステンレスコテ
かきベラは形状が豊富なので、さらに2〜3本持っておくと、作品の形状に合わせた削りが快適に行えます。
ワイヤー部に刀は付いていません。
粘土が比較的軟らかいときの削りに向いています。
形を整えたり、凹凸を削り落としてなめらかにする時に使用します。
★おすすめ★
@平線かきベラ No.4
A平線かきベラ No.2
B平線かきベラ GR-5
★おすすめ★
丸線かきベラ No.2
★おすすめ★
@ステンレスこて 1
Aステンレスこて 5

3. さらにあると便利!

基本の手びねりをマスターし、新しい技法にチャレンジする方に。
『1. 絶対必要なもの』に加えて、電動ろくろ成形・タタラ成形に必要な道具をご紹介します。



【電動ろくろ成形】
一般的に陶芸でイメージされる電動ろくろ成形。回転する力を利用して薄くて均一な器が作れます。

1.絶対必要なもの

@カメ板

A成形・仕上げカンナ

B切り糸(しっぴき)
成形後にカメ板ごと作品を動かせるので大変便利です。 高台をつけたり、側面の肉厚の調整に使用します。
ろくろ成形の際、作品を切り離す時に使用します。
★おすすめ★
仕上カンナ No.18

C木ごて(薄型)

D木ごて(角型)

E内パス・外パス
ろくろ成形で、鉢・皿・椀などの内側部分を成形するのに使用します。
薄型のものと合せて、角型のこて(No.15〜No.16)も持っておくと良いでしょう。
手早く大きさを計るためのパスです。同じ大きさの作品を制作したいときに便利です。
★おすすめ★
木ごて No.2
★おすすめ★
木ごて No.15
★おすすめ★
木製 外パス 250mm
【タタラ成形】
タタラ成形は薄い板状にした粘土を使って成形する技法です。

1.絶対必要なもの

@タタラ板

A粘土延べ棒

B土かきゴムベラ
目的の厚さのたたら板を粘土の両側に積み、板にそって切り糸できります。 粘土を平らに延ばす時に使用します。 タタラ成形で土をしめる際に便利です。

C薄刃カッター
タタラ成形の粘土板を切るのに使用します。

4. 釉掛けに必要な道具類

ズブ掛け・柄杓掛け・筆塗り…。施釉から釉薬の保管まで、釉掛けに必要な道具をご紹介。
@〜Dは必需品、E〜Hはあると便利な道具類です。


@上薬容器

A柄杓

B筆
釉薬の保存や、浸し掛けする際の容器として使用します。
釉薬の簡単な攪拌や、流し掛けする際に使用します。 釉薬の筆塗りや、部分的な釉掛けに使用します。
★5L釉薬におすすめ★
上薬容器 10型 樹脂製
★おすすめ★
ダミ筆 (山羊毛) 4号

Cスポンジ

Dボウル

E梅皿・重ね皿
釉掛け前に作品のホコリをとったり、釉掛け後に高台部分の釉薬をこすり落とすために使用します。 スポンジを濡らしたりするため、水を張ったボウルを用意しておきます。 釉彩など釉薬を筆塗りする際のパレットとして使用します。

F釉バサミ

G霧吹き

H釉抜き剤
作品を針で支えるので、施釉跡が少なく綺麗に釉掛けが行えます。 釉薬を吹き掛けする際に使用します。均一に薄掛けしたいときにも便利です。 高台など、釉薬をはじきたい部分に使用します。

5. 装飾にオススメな道具類

一通りの成形をマスターしたら装飾にチャレンジ。成形後の装飾にオススメな道具をご紹介。


@スポイト(イッチン)

Aアルミ柄カキヘラ

Bポンス
筆で描けない一定の細い線を描くのに便利です。 細やかな細工や削りにおすすめです。 成形の際、正円をくり抜く時に使います。

6.絵付けにオススメな道具類

下絵の具や呉須・鉄絵など、絵付けにおすすめな道具をご紹介。


@乳ばち

Aダミ筆

B面相筆
呉須や弁柄、絵具などを細かく擦ったり、混ぜるのに使用します。 絵付けの際骨描きの中を塗ったりするのに使用します。本格的な大型サイズもご用意しています。
絵付けの際、細かい模様を描いたり線描に使用します。
初めに揃えるなら、小・中サイズの2本があると便利です。
★おすすめ★
ダミ筆 (山羊毛) 4号
★おすすめ★
@面相筆 (イタチ毛) 小
A面相筆 (イタチ毛) 中

C梅皿・重ね皿

D洗浄ボトル
下絵具を水で溶いたり、パレットとして使用します。 絵具に少量の水を加える際に便利です。

7.上級向け道具類

陶芸の一通りをマスターした方へ。電動ろくろ成形での難しい形状や、手びねりでの大物作りなど、次へステップアップする上級者におすすめな道具をご紹介。


@牛ベラ

A柄ごて

Bたたき板
ろくろ成形で、大きな皿や深い器等を作るときに使います。 ろくろ成形で袋物(徳利や花瓶)を作る際、首が細くて作品の中に手が入らない場合に使用します。 てびねり成形の際に、粘土をたたいて締めたり、形を整えたりするときに使用します。

C内ごて

D竹ベラ
たたき板で粘土を絞める際の、内側の支えとして使用します。 成形の際、細工や仕上げに使用します。